何らかの理由が原因でオナニーが難しい人々の手助けをする仕事がある。これは風俗ではないとの事で、実際何をするのか分かりやすく言うと「手コキだけをするデリヘル」という例えが適切だ。運営している団体の「障害者の性を充実させよう」というその基本的な考えには同意するが、動画を見たとき言葉にできない寂しさを感じたのも事実である。

手を使用する訳だが、ビニールかゴムの手袋を着用していたのだ。これは性感染症を予防するためなのだろうか?よく分からないが、直接肌を触れ合わせられないため満足度は低下してしまうだろう。また、女性は着衣したままで裸にはならない。これでは単なるペニスに刺激を与える人になってしまう。残念だが動画を見ても男性と女性の交わりが感じられなかったのだ。

健常、障害に関係なく全ての人が自慰行為以外の方法、つまりセックスで性欲を満たせるようになる事が理想である。無料が望ましいが、それが難しいのなら障害の程度(プライベートでセックスする事の難しさ)によって割引する仕組みがあれば良いと思う。

ボランティア要素が強いため求人に女性が集まるかは不明だ。格安で相手をしてくれる女神の様な女性に、お客さんが何か恩返しする方法があればいいのだが‥